小顔になれる(見えるようになる)スポーツ


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは。BIGFACEな管理人です。 BIGにちなんで宝くじtotoのBIGを買っても全く当たる気配がございません。 ただ顔がデカいだけです。

さて、そんな顔デカさんでも努力をいとわない努力家の方はたくさんいるかと思います。

高い美容器具を買ったり、マッサージに通ったり、当ブログのような小顔情報をネットであさったりととにかく大忙し、でもとにかく顔デカ改善のためにひたすら頑張る、そんな向上心の強い方はたくさんいるのです。

【スポンサード リンク】


ということで、基本のキ、今回は姿勢についてです。

顔がデカい、っていうのはそもそも物理的にデカいからどうしようもないじゃんと考えがちですが、これ意外と複合的な要素が絡んでいるのです。

ただ単純に自分の頭とか顔のサイズが生まれつきデカいというだけではなく、そもそも肥っていたり、歯を食いしばる癖があったりとかいろんな要因が絡んでいるものです。

ワタシの場合は、絶対的な頭のサイズがデカいのですが、それでもやっぱり、それだけはないのです。

食いしばるクセもあれば、ダラダラと肥るような食生活(主に酒とツマミ)、そして何より曲がった背中と猫背です。

そう、姿勢ってすごく大事なのです。

だって単純に背中が曲がると顔が前に出るでしょう。 もう3D効果抜群、TVから飛び出す映像どころのド迫力ではないBIGFACEが完成するというわけですよ。

そういった意味でも姿勢は基本のキなのです。

また、背筋がスラッとしているだけでなんか後光が差したようなオーラが宿るものです。なぜかというと現代人はほとんど背中が前のめりに曲がっているからですね。そりゃスマホ見てりゃそうなります。

というより、背筋はガチで意識しないと伸びないもので、だからこそ、シュッとしているだけで背も高く見えますし、整った印象を与え、それが相対的に顔デカ感を薄めることになるのです。

でも、意識しても背筋はつい曲がっちゃう、、そんなものですよね。

やっぱりつらい日常生活のなか、背筋伸ばすなんて拷問みたいな部分もあります。

というわけでもうこれはイヤでもやらざるを得ないライフワークに取り入れるしかありません。そう、スポーツ! 小顔になれるスポーツをやるのです。

小顔になれるというより、姿勢がよくなるスポーツですが、結果、顔が小さく見えることは間違いないので押さえておきましょう。

若ければ若いほど取り組みやすいです。 もちろん年齢が行っていても始めるのに遅いことはないと思います。

↓↓↓

美レンジャー:続けるだけで…背筋美人!「自然に姿勢がよくなるスポーツ」5選

■1:バレエ

肩甲骨を開いて両肩を後ろに引き下げ、背筋をピンと伸ばしたのが基本の姿勢。この姿勢を続けるためには、インナーマッスルが必要で自然と鍛えられます。米倉涼子さんを代表するように、バレエ経験者は、皆姿勢が良いことで知られています。

また姿勢のほかにも、バレエはすらっと伸びた美脚にも効果があります。

■2:フラ

ハワイアンミュージックに合わせてゆったりとした動きを行うフラは、あまり姿勢が良いというイメージはないかもしれません。でも、背筋をまっすぐに伸ばしたまま、腰を落としてステップを踏むのが基本。そのため姿勢も良くなる上、太もも回りのシェイプアップにも効果が期待できます。

さらにフラは、歌のストーリーを顔の表情でも表現しながら踊るため、表情が豊かになると言われています。

■3:フラメンコ

情熱のダンス、フラメンコもまっすぐに立った姿勢が基本のため、腹筋と背筋が自然と鍛えられます。また両手を上に上げる動作も多いため、二の腕がほっそりするというW効果も期待できます。

■4:ピラティス

良い姿勢をキープするには腹筋と背筋のバランスが大切で、ピラティスではそれらをバランス良く鍛えることができます。また、ピラティスは左右においてもバランスのとれた体を目指すため、体が歪んでいたとしても矯正されます。

■5:合気道

剣道、弓道など、「礼に始まり礼に終わる」という言葉があるように、武道はどれも正しい姿勢でいることが大切で、礼儀も身に付けられるスポーツ。正しい姿勢をとると集中力も高まるとも言われています。そんな中、初心者の女性でも始めやすいのが合気道。女性ならばいざというときのために、護身術としても身に付けておくと良いでしょう。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする