触覚ヘアで頬骨を隠して小顔に見せる技術


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは。久々の更新です。このブログも当記事でいよいよ400記事目となります。よくもまぁこんなに顔デカネタで引っ張ってきたものです。 運営歴としてはもう4年くらいになるでしょうか、よくもまぁ飽き足らずにここまでこれたものと、これもひとえに顔デカ同志の皆様のおかげでございますm(_ _)m ともにこのデカ顔人生を全うしていきましょう。

今日も、顔はデカくても態度はデカくならず謙虚に、BIGFACE管理人です。

さて、今日、嫁と娘が買い物に店に入っている間にカーナビでテレビを見ていたのですが、ここで錯覚を利用して小顔に見せる技術が紹介されていたのでシェアします。

【スポンサード リンク】


所さんの目がテンでやっていたネタなのですが、

小顔に見せるためには触覚ヘアがいいそうです。

所さんの目がテン 小顔

※触覚ヘアというのは「前髪サイドから触覚のように頬に向けて長く垂らす」ヘアスタイルですね。画像を見たい方はコチラ⇒触覚ヘア

触覚ヘア、その原理を説明すると、顔がでかくなる原因、これは視覚の科学でいうと頬骨の大きさが大きく関与してくるそうです。

なるほど確かにギネス級の記録をもつワタシの頬骨はエラとともに平べったく小人たちが野球できそうなくらいデカく広がって尚且つ張っています。

つまりこの頬骨を小さく見える錯覚技術さえ駆使することができれば、錯視効果で顔が小さく見えるそうなんですね。

そしてその錯覚方法なのですが、触覚ヘアによって頬を分断することで本来の大きさよりも小さくみえるようになるそうです。

↓↓↓この理論の応用だそうです。

■同じ長さの棒でもバッテンに重なり合わせると短く見える

所さんの目がテン2

■ようかんを切ってみると短く見える。

所さんの目がテン3

こういう原理で触覚ヘアで顔を小さく見せることができるという科学的アプローチがあるということです!

やった!BIGFACEの救済ヘア!ここに現る! ・・・ん?もうやってるって??

でもまぁ改めて理屈を知ることで自分の中でアレンジもしやすくなるでしょうし、いつもより自信も持てるようになるのではないでしょうか。

まぁもう中年に差し掛かろうとしているオッサンのワタシにはとても真似できない髪型ではありますが、まだ若くてロングヘアにできる余地のある若いメンズの方なら、応用もできると思います。

それにしても触覚ヘア、って名前がまたイケてないですね。。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする