ラグビーは顔がデカくなる


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは。BIGFACE管理人です。

最近ではラグビー日本代表の活躍もあり、ラグビー人気が高まっているそうですね。

ワタシ自身もラグビー経験者なので、うれしいことです。

【スポンサード リンク】


ラグビー、ルールは難解ですが、ガチなバトル感があり迫力のあるスポーツですよね。あの格闘技感がまたエキサイティングなのです。

もともとはイギリスのサッカー少年がサッカーをやっていて、なんで手を使っちゃいけないんだよという、破天荒な自閉症っぷりを発揮して、それを周囲が「あっ、これはこれで面白いやん」というところから始まったものなのです。 当然、それまで足で扱っていたボールを手で持って走るわけですから、もう普通に守っていては守り切れません。メチャクチャです。 だから、守るほうも必死でタックルとかしだすわけですね。

そしてぇぇぇぇ!!!

このスポーツが産むもの、それは「パワー」です。

そして、アゴの力をさんざんに使うものですから、まずエラが発達してきます。

あと、筋トレで首周りを鍛えさせられますから(タックルされた時に首の骨を折らないようにする、またはスクラムで強い力を生ませるため)、首が太くなります。

また、

発育期にこの手の激しいスポーツをしていますと、身長の伸びがとまります。 筋肉がついて骨の成長を妨げること、また激しい負荷が骨へダメージを与えるからです。

だから、ワタシはただでさえ低身長なのに、ラグビーで背が伸びず、足は短足、全体的にちんちくりんな顔デカ野郎になってしまったのです。

もうね、頭がデカい、顔はエラが張ってついでに頬骨もたくましくなり、結果平たい顔、首は太くなり(首が太いと顔がデカく見えます)、全体的に奇形となったのです。

そんなわけで、安易にラグビーなどするものではありません。

もともと体がデカい子はいいです。 でも奇形な体型の持ち主がやるとワタシのように悲惨なプロポーションに仕上がる危険があるので、くれぐれも注意しましょう。

ラグビー選手はほとんど顔がデカく見えますよね? でも体がデカいのでなんとかバランスが取れているのです。

この体の筋肉を増やす、というのも生まれ持った素質が大いに影響しますから、いくら鍛えても体が大きくならないなんてことはザラにあります。 一流のラグビー選手はそういう天性の体にも恵まれているからこそ、

全体としてたくましく、顔デカでもごまかされているのです。 以上!

あ、あと、ラグビーはパワー命ですので、マウスピースとかして練習します。その際に奥歯を思い切り噛みしめますが、これがまた顔デカに悪い。。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする