あごがたるんで顔がでかくなる


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



ここ数日間、さらなる小顔を目指して毎朝6時に起きて走りに外へ飛び出しているワタシです。 今日も元気に顔がでかいです。

さて顔がデカいデカいと言う前にまずやらなくてはならいことがありますが、 それは何だと思いますか?

そう!

【スポンサード リンク】


痩せることです。

まずデブなのに顔がでかい云々悩んでいてもだめです。  それは顔が大きい人というよりも肥満の人です。 人からも顔どうのこうのより肥満として扱われるだけでしょう。

そして顔についた肉というのはかなり悪いやつで、人の顔を思った以上にデカくみせてしまうのです。

そりゃそうです。 顔の印象はミリ単位で変わると言われますが、 脂肪がついたりたるんだりむくんだりするとミリもミリ、がっつり膨れ上がるのです。 でかくなるわけさ。

しかも人間というのはどうやら25歳くらいから顔がたるんできて30歳を超えてくるといよいよその劣化が加速してくるそうです。 2重顎の気配が漂ってきたらその前兆といえるでしょう。

さてそれでは、

その辺りをハッキリ解説してくれているサイトがありますので、どうぞ。

■あごのたるみを作るNG習慣

(1) 姿勢が悪い

首が前傾して猫背になっている、下を向いて長時間スマホ操作をしているという人は、あご周辺の筋肉の働きを妨げています。肩を開き、あごを引いて、正しい姿勢で過ごしましょう。

(2) 口周りの筋肉をあまり使わない

口周りの筋肉を使わないと、衰えて弱り、たるみを作ります。次の項目に当てはまるものがある人は、改善しましょう。

・咀嚼回数が少ない

・硬いものを食べない

・会話のときにあまり口を開かない

・無表情の時間が長い

・口呼吸をする

(3) リンパが滞っている

首周りには大きなリンパがあり、その流れが滞ると、むくみとなって現れます。リンパの滞りを改善するには、人差し指の第二関節を曲げて鍵指を作り、あごの先端から耳の下、耳の下から鎖骨、鎖骨を内側から外側に向けてマッサージをしてあげましょう。
引用元:顔が大きく老けて見えちゃう「あごのたるみ」を作るNG習慣3つ|美レンジャー





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする