ウォーキングしても痩せられない方は必見!


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



顔がデカい、顔がデカいと嘆く前にすべきこと、

それはズバリ、

痩せることなりぃぃぃぃ!!

【スポンサード リンク】


言うまでもなく体重が落ちれば顔は細ってきます。

まぁワタシみたいに頭蓋骨ごとデカい場合でなければですがね。 いや、 でもその頭ごとデカいワタシであっても実は痩せると顔が細くなったといわれるぐらいですからよっぽど顔には贅肉がつきやすいんでしょうね。

つまり、小顔小顔と叫ぶ前にまずはデブ解消が大事なわけです。

そのためにはダイエットが大事なわけですが、実はこのダイエットって難しいようでとてもその理論はシンプルです。

そう、食べる量より運動する量を増やせばいいんですね。

この現代社会の仕組上、普通に働いていればまず栄養過多の暮らしになること間違いありません。

ましてや交通機関の発達もあって運動不足になることも間違いないのです。

つまり、 何も意識していなければ誰でもデブになっちゃうわけなんですね。

そんなデブ製造機関であるこの世の中どうすれば痩せられるのか?

それはもう覚悟を決めてダイエットするしかないのです。

まずは高校時代の体重を目標に頑張りたいですね。(おっと、今現在が中高生である場合には無理なダイエットは気を付けるように! まずは周囲と比べ、自分が太っているほうではないと判断したらダイエットはしないこと。 なぜならば将来の体作りにおいて大事な時期だから)

そして、

ダイエットからの小顔作戦を実現するには、もう運動がキーポイントになること間違いなしです。

人間の食欲はすごいものがあります。

つまり食べられない苦しみは甚大な苦痛を伴うのです。

それに比べ、運動する苦しさ面倒臭さはハッキリいって最初だけ。 習慣化できさえすればむしろ体を動かすことが楽しくなってきます。

もちろん、こういう運動のような〝良い習慣”を癖にするのは大変です。

でもアナタはデカ顔で悩んでいる。 もうあとには引けないんですね。

一般的に、生活習慣として身に着けるには2週間程度継続すればよいとされています。 3日でメゲずに2週間、運動する癖をつけましょう。

まずは手始めにウォーキングというところでしょうか。

でもこのウォーキングも侮ることなかれ。 意外に痩せるためには、ただ歩くだけではダメなんです。

ちょうど詳しく解説してくれているサイトがありましたのでどうぞ。

痩せるためのウォーキングについて解説してあります。

■1:筋肉をきちんと使えていない

・足を上げずに地面をするように歩く。

・膝を曲げてぺたぺたと歩く。

・背中を丸めて猫背で歩く。

これでは筋肉をきちんと使えていません。筋肉を正しく使っていないため、痩せにはつながりにくいのです。長時間歩いた後に、ふくらはぎがむくんでいると感じる人は筋肉がきちんと使えていない証拠。

筋肉を動かしていなければエネルギー消費は下がり、脂肪燃焼率も下がります。まずは正しい姿勢、歩き方をマスターしましょう。いつもよりも歩幅を広げて、大きな筋肉を意識しながら歩くことを心がけてください。

■2:酸素をきちんと取り込めていない

息が上がりすぎてしまうと、せっかくの有酸素運動の効果も半減。呼吸は吸うことよりも吐くことをしっかり意識してください。鼻と口から吐き切ると自然と深く吸うことができます。息が上がるまで速く歩くと、エネルギー源が脂肪ではなく糖質がメインになってしまい、脂肪がうまく使われなくなって逆効果になってしまいます。

軽く息が切れるくらいがベスト。呼吸を歩く速度の基準とするといいでしょう。効率よく体内に酸素を取り込める程度の速度を心がけて。

■3:運動としての歩き方になっていない

1日1万歩を目安に歩くといいと言われます。その根拠は、現代人は1日の運動量に対して、飲食の摂取カロリーが多いために、1日平均300キロカロリーが消費されず体内に蓄積されてしまうから。この300キロカロリーを消費するのに必要なのが1万歩なのです。

でも、この1万歩は、日常生活で歩くのとは別にカウントする必要があり、なおかつプラスマイナスゼロに戻すというだけの数値。歩数はあくまでも目安。「疲れたなぁ……」と感じるまで歩いて、はじめて運動としての歩きになることを覚えておきましょう。

引用元: あなたが頑張ってウォーキングしても「痩せない」本当の理由3つ.





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする