即小顔になれるミルフィーユ方式のハイライト・シェーディング


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



女の人は髪は伸ばせるし、メイクはできるので本当うらやましいですね。 それだけでかなり大顔をカバーできるわけですから。

男の私はせいぜいできて前髪やサイドの髪をちょっと長めにとって顔を微カバーする程度しか抵抗できないわけですからね。

そしてその前髪のせいで、この花粉症で目がかゆい時期にちょっと伸ばした前髪がチロチロと目を刺激してさらに痒みが倍増でのたうち回りそうになるわけです。

【スポンサード リンク】


くそう!

私も小顔とはいわないまでも普通のサイズの顔の大きさに生まれていたらバッサリ単発でオデコを見せてすっきり爽やかな髪型にするのによぅ。。

いや本当花粉症で猛烈に目がかゆい時の前髪が目やまぶたにさわるビミョ―な刺激はたまらなくこたえます。。

と、前置きが長くなってしまいましたが、

今回はそんな憧れの小顔メイクについて、そのなかでもハイライト&シェーディングについていいネタがありましたのでシェアします。

薄っすらとやる分には男子も勉強しておいて損はないかもですね。 イマドキの男子は眉毛なんて当たり前にいじるわけですから、肌のメイクも身だしなみの一環として捉えればそんなにやましくもないでしょう。 というか男子のメス化が進んでいる今、当たり前にメイクする時代はやってくるような気もしますけどね。

ちなみにご存じの通り、ハイライトは顔の出っ張っている(出ていなければならない)部分を明るく盛り上がって見えるようにするメイク、

シェーディングは、引っ込んでいる部分や顔の輪郭部分などに落とす影を作るメイクのことですね。

つまり日本人の顔が平たい族にはもってこいのデコボコ欧米風演出メイク術であり、すなわち小顔メイクとなるわけです。 顔の凹凸感は小顔に見せるだいじな要素ですからね。

そしてその中でもちょっとしたコツがあって、

●ハイライト→シェーディングの順で

そうすると影の部分がわかりやすくなる上、ハイライトなら後から修正が可能。顔がラメラメにならないよう、アイテム選びは注意して!

●小顔をつくるコツは“ミルフィーユ方式”

横から見たときに一番キレイに見える入れ方は、ハイライトとシェーディングを細く重ねていくこと。境目はしっかりブラシでぼかして

引用サイト

ということが大事だそうです。

動画もありましたので、 ご確認してくださいね。
特に面長さんと丸顔さんには専門解説的でためになると思います。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする