小顔になるための栄養学(食事)


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



花粉の季節、もう顔がデカいとかどうでもよくなります。

デカくてもいいからこの花粉症のグシュグシュを治してくれよぉぉぉと願うばかりですからね。  ・・・て、 そんな花粉症ごときで大顔の悩みは消えませんね。

マスクをかけていると耳の後ろがゴムの圧力で痛くなってきますが、まさにこれは「顔がデカくてゴムが耳にめり込んでいるのでは!」と嘆くばかり。 まぁワタシの場合確実にそうなんですけどね。 頭ごとデカいのでマスクもムチ―――って伸びてキツキツになっているというわけですね。

【スポンサード リンク】


さて、花粉症なんかも栄養学的に見れば食生活で気をつけなくてはならないことが色々あるかと思いますが、

実は顔デカに関してもそうで、 小顔になるための食事というものがあるのです。

もっとも骨格を縮めることはできませんが、 人間の顔につく肉というのは思った以上に厚いものですし、また逆にこの肉さえうまく落とすことができればキュッとしまった小顔テイストな印象になるわけですね。

まぁワタシほどの巨顔になれば焼石に水なのですが、それでも多少はマシになるのです。  肉がしまればキレイなグラデーションの影もできますしね。

とはいっても一概に「これを食べたら小顔になれる!」といえるものではなく、

●ぽっちゃり顔

●むくみ顔

●たるみ顔

などパターンに分けて対策を練るのがよいようです。

例えばむくみ顔だったら水分を外に出す栄養を含むものがいいですし、 たるみ顔だったら顔の筋肉を使うような堅い食べ物(まぁあんまりやりすぎるとエラ張り気味になっちゃいますが)を、 とかいった具合ですね。

このあたりを詳しく解説してくれているサイトがありましたのでご紹介します。

■大顔タイプ1:むくみからくる「ぶよぶよ」さんは…

むくみが原因で大顔になってしまっている人にとってとにかく必要なのは『カリウム』なんです! きのこ類や海草類はカリウムが豊富なだけではなく、カロリーも大変低く、ダイエットにもなっちゃうのでおすすめ。果物の場合はカリウム豊富なバナナをおやつとして日常的に食べるようにするのも効果的。カリウムの利尿作用で水分の代謝がアップし、顔もすっきりとするはず。

■大顔タイプ2:顔の筋肉の衰えからくる「ゆるみ」さんは…

顔の筋肉が衰えると顎や頬がゆるみ、顔にしまりのない印象になってしまいます。それを解消するためには“硬いもの”をよく噛むことが大切です。例えば、主食を白米やパスタではなく玄米にシフトしてよく噛んでみたり、おやつにスルメイカを食べたりするのがおすすめ。

また、顔にハリを出すためにもビタミンCを摂取すべく、ビタミンCが豊富なオレンジなどのフルーツを日常的に食べるのも良いでしょう。

■大顔タイプ3:単に太っちゃっただけという「ぽっちゃり」さんは…

食べ過ぎや運動不足が原因で体重が重くなるのに比例して、顔も大きくなっちゃったのがこのタイプの大顔化。ぽっちゃり大顔対策には血流を促進し、脂肪を分解してくれる「生姜」や「唐辛子」といった香辛料を意識的に摂るようにしましょう。

引用:小顔になりたかったら絶対食べて!「大顔さんのための」小顔食3パターン





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする