顔がデカい人のための前髪(前髪で小顔アレンジ)


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



前髪ってマジで大事ですよね。 これは本当に痛感します。 だって前髪があるかないかだけでオデコの露出に影響するわけで、そしてこのオデコの露出は、つまり顔の面積にプラスアルファになってしまうことは言うまでもないことでしょう。

となるとやっぱり顔がデカい人はもう前髪命なわけです。。

逆に前髪のコントロール次第であなたは、隠れ顔デカになれるのかもしれません、 まぁつまりは顔デカですがね。

【スポンサード リンク】


さて、

ではどうBIGFACEのオーナーが前髪をデザインするのか、それは実は一概にはいえないのであります。

そう、

何が大事かって、 顔型なんですね。

顔がデカい、顔がデカいなんていいますけど、人それぞれ顔型は違うわけです。

丸顔もいれば四角い顔、逆三角形、 そしてワタシのようなエラ張りタイプのホームベース型ですね。

まぁこの中で一般的に顔がデカいとされるのは、四角かホームベースでしょうね。 なぜならこの二つの顔立ちはまず顔が平べったく横に張り出している顔立ちだからです。

ちなみに、日本人の顔型で多い順は、

(1)丸顔

(2)面長

(3)逆三角型

(4)ホームベース型

だそうですね。。

なんとワタシのエラ張り顔は、やっぱり日本人ではなく大陸のほうにルーツがあるのでしょう。。 まぁご先祖様は東洋のあの国らへんでしょうね。。 知りませんが。

と、またいつもの癖でボヤいてしまいましたが、

それでは顔型別の小顔効果ありの前髪、またはNGな前髪をワタシの愛読サイト「美レンジャー」よりご紹介します。

(1)丸顔

丸顔さんは、ぱっつん前髪や重めのフルバングスは顔の横のラインを強調してしまうのでより丸さが目だち、幼い印象になるのでおすすめできません。

前髪が長い人はセンターパートで分けると頬が隠れて顔がほっそりたまご型に見えるのでおすすめです。また、前髪を作る場合はやや長めに切り、トップにボリュームが出るように流すと縦のラインが際立つのでおすすめです。

(2)面長

丸顔さんと逆で、面長さんが避けたいのはセンターパートです。真ん中で前髪を分けてしまうことでより縦の長さが際立ち、顔が長く見えてしまいます。やや厚めに前髪を作り、フルバングスや、1:9、2:8で分けると横のラインが強調され、頬にふんわり感が出てたまご型に近づけます。

(3)逆三角形

逆三角形さんは、鉢のハリをカバーすることが重要です。横幅を強調するぱっつん前髪や、厚めのフルバングスは鉢を目立たせてしまうので避けた方がよいす。

センターパートで顔の下半分にかけてボリュームを出したり、トップにボリュームを持たせるような前髪を作ることでたまご型に近づくことができます。

美レンジャー

(4)ホームベース型

鉢のハリ、頬骨のハリの両方をカバーすることが大切です。ぱっつん前髪や短めの前髪は横のラインを強調するので、鉢や頬骨のハリを目立たせてしまいます。長めのセンターパートは頬骨のハリをカバーしてくれるのでおすすめです。

前髪を作るときは、長めに切ってフェイスラインにつながるよう斜めに流すと鉢、頬骨ともにカバーすることができます。

引用サイト:顔が大きく見えちゃう!顔型別「やってはいけないNG前髪」診断





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする