肌をキレイにして小顔に見せよう


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



顔がデカいとどうしてもそこばかりに意識が集中して、

「自分は顔が大きいから何をやっても無駄、、」

などと卑下してしまうものです。

【スポンサード リンク】


どんなに化粧しても散髪してもオシャレしても自分は顔がデカくてもうどうしようもないなんて考えがちですよね。

しかし、

顔デカは、負の要素の一つ(残念ながら小顔至上主義の昨今ではやはり小顔が有利ですから。。) ではありますが、

それは他の要素で補えるのです。

その中でもやっぱりお肌づくりは大事ですね。

これは男も女も変わりません。

やっぱり肌がすべすべな感じってとても清潔感があふれて、そしてきらびやかで麗しいわけです。

いや逆に顔がでかい分、 美肌が目立ってより清潔感のある印象が際立つかもしれませんしね。

肌は大事です。

ということで、

お肌の手入れは怠らず、しっかりメンテナンスしていきましょう。

そして、

美肌作りは、ただ表面だけを手入れすればいいものではありません。 いくら外をメイクでつくろってもそれはメッキにすぎないわけですし、 やはり元の肌がよくないと化粧ノリも悪いでしょう。

しかしそうはいってもどうやって中から肌をキレイにするのかは分かりづらいですね。

そこで今回ご紹介する記事は、

体内からキレイになるための方法として、

いかに腸内環境を整えるか?

という記事です。

腸というのはウンチをためているだけの単なる下水処理施設のような存在ではなく、 体の免疫機能をつかさどるなどとにかく重要な内臓なんですね。

だから、腸が弱っていると病気もしやすくなりますし、 ついては肌も荒れて汚くなるわけです。

便秘すると肌荒れになる、

というのはまさに腸の影響をそのまま表している現象ということになります。

ポイントは食事と睡眠です。

当たり前ではありますが、大事なことですよね。

肌美人になるための3つのポイント
腸内環境が整うと、便通も整い、有害物質がスムーズに排泄され、美肌に効果的な栄養成分の吸収も高まりますので、キレイなお肌が生まれてきます。腸内環境を整えるためにとり入れたい栄養成分は主に3つ。

便通を整えたり、腸内の善玉菌を増殖させる「食物繊維」、乳酸菌等の善玉菌を含む「発酵食品」、ビフィズス菌などの善玉菌の餌になる「オリゴ糖」です。

・・・中略

実は睡眠と腸内環境も深く関わっています。

何故なら睡眠時間が短いと高い確率で便秘になってしまうからです。ヒトは眠っている間に、胃や腸はほぼ90分周期で活動を繰り返し、消化しきれなかった食物のかす、腸内細菌の死骸、繊維質などで便が作られ、腸の蠕動運動で下部に送られ、大腸で水分が吸収され、最後に結腸に到達します。
引用:腸内美人は肌美人!肌美人になるための3つのポイント





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする