首が短いと顔がデカく見える。なんて悩まなくてよし、首を長く見せるコツは姿勢にあった!


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



私はもともと奇形級に頭がデカい上に、エラも張っており、挙句の果てに首も太く、 さらにそれらの要素を総合した結果、首が短く、 そして究極に顔がデカい!というわけで、どうしようもありません。

もう走っている姿をカメラに収めると笑えないくらいでかいです。

カメラに向かって走っている姿、これは前傾姿勢も入って、一番前に顔がポジショニングすることになります。 だから、ただでさえ引き気味にとってもデカい顔が、よりレンズに近いポジションで撮影することになるためもう大変なことになるわけです。

【スポンサード リンク】


そして、

私は首が短いため余計にすごいことになっているわけです。

もうその写真を見せたいですが、 さすがに恥ずかしすぎて露出できません。

それにしても、 このBIGFACEのみならず首が短いというやつはなんとも厄介極まりありません。

どうしてもスタイルがよく見えないのです。

何というか上からハンマーでスドン!とヤラレタというか、 横型ワイドカメラで撮影されたというかもうヤボッたいのです。

ふう。。。

しかもどうやら、

見え方としても、やはり首が短いと必然的に顔もでかく見えるそうですね。 そりゃそうでしょう。 だって方からズドン!と顔が出ている感じになるんですもの。

逆にいうと、首が長い人はスタイルもよく見え、結果的に小顔に見えるそうです。

でも首の長さって変えられないよね!

と思ったあなた!

実はそうでもないらしいのです。

バレリーナを想定して見るとまさに分かりやすいのですが、 だいたいのバレリーナは首がスラッと長いでしょう?

これはなぜか?

そう、

姿勢がよいのです。

背筋と首を上にスッと伸ばし、肩を落とす。 これでいいのです。

実は人間って首の長さなんてそんなに変わらないそうですね。

ただ、姿勢が悪く、本来は上に伸びていなければならない首が猫背などで前に傾いているから結果的に前から見たとき首が短く見えるのだそうです。

これは朗報ですね。

お時間ある方はぜひ、下記サイトさんをご参照ください。

スタイル良く見せるポイントは「首の長さ」と「顔の小ささ」にアリ!首を長く見せるコツとは?

「自分は首が短い」と感じている方に朗報。それは本当に首が短いのではなく、姿勢が悪いことによって首が体にめり込んでいたり、猫背であることによって首が前に出てしまって短く見えてしまうからだという説があります。例えばバレエをやっている人って、皆背筋がピンと伸びていて、首も長いと思いませんか?バレエの基本姿勢では、「お腹を引き上げて肩を下げる」といわれるのですが、この姿勢を意識すると、肩が下がるので自ずと首が長くなります。
首の短さと姿勢の悪さは本当に比例していますので、まずは姿勢を正すところから始めましょう。また、首を長く見せるだけではなく、腹筋や背筋も鍛えられますので、筋肉のバランスも良くなり身体全体が引き締まるという嬉しい効果もあります。

引用:http://googirl.jp/biyou/1305kubi_nagaku269/





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする