ストールを巻く際には、顔がデカく見える巻き方になっていないか注意する


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは。BIGFACE管理人です。 いろんなもので顔を隠そうとしますが、そもそもデカすぎて隠れません。特に散髪で顔周りの髪を短く切りすぎたときなんかは、整髪料で必死に顔側に髪をなびかせようとしますが、直毛で整髪料のノリが悪いので結局時間が経ったらデカ顔露出ヘアに元通りになっています。

と、そんな苦労もあるデカ顔ですが、やはりプライベートではたくさんのアイテムを使いたいですね。 仕事や学校では顔が大きいのをごまかす手段も限られてきますが、プライベートなら何でもアリだぜ!

ということでコレかぶろうぜ! 中東系のあれ。ヒジャブっていうんですかね?

【スポンサード リンク】


これ。

ヒジャブ

画像サイト:http://free.gatag.net/2010/10/27/210000.html

ほら、いっきに小顔です。

・・・っていうかモデルさん自身が小顔やないかーい! いやキュートですね、ズッキューンとやられるカワイサです。

でも顔がでかいとこんなふうには仕上がりません、技が必要です。

これに似たアイテムで、いや厳密には似てないんですけど、雰囲気に共通感のある衣類にストールというのがあります。 あの、くそでっかいマフラーみたいなやつですね。

これは一般的にその対比効果で小顔に見えると言われています。

顔周りを大胆に覆い尽くすアイテムでいかにも顔デカの皆さんにとっては好都合なアイテムであるかのように思えます。

しかしこのストール、単純なものではなく、一歩その着こなしを間違えば逆効果。 かえって顔デカを際立たせてしまうこともあります。

さて今回はその冬アイテムの一つであるストールの巻き方における注意をご紹介します。

キレイな女子になるための必須WEBマガジンである「美レンジャー」さんよりご紹介させていただきます。

■1:きちんとたたんでしまう

(略)たたんで巻いてしまうと、巻き物そのもののニュアンスを出すことができず、ノッペリするだけでなく貧相な印象にもなってしまいます。

巻き物は決してきれいにたたまず、無造作にくしゃくしゃっとした状態から巻きはじめることが基本です。

■2:ギュッと巻いてしまう

(略)首にぐるぐると巻きつけるのではなく、ストールで首周りを彩るように余裕を持たせてください。巻き物で隠さないよう、しっかり鎖骨が見えるように巻くことがポイントです。

■3:ダウンヘアスタイルに巻く

2で紹介したゆる巻きをより効果的にするためには、髪の毛をしっかりまとめてしまいましょう。

引用:おしゃれストールをしたのに顔が大きく見えてしまうNG巻き方





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする