頭(アタマ)がデカい人に朗報、頭蓋骨は小さくできる


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



さて私は、 生まれた時からギネス級の頭のでかさだったそうで、それはそれは昔話というか伝説として語られそうなくらいのBIGFACEだったようです。赤ちゃんが並んでいる保育室?あの外から見える窓ガラス越しに、産まれたてのワタシはその時からすでに見世物レベルだったそうで、他の赤ちゃんを見に来た人が「まぁ、、あの子の頭の大きいこと。。」と言葉を漏らしていたぐらいだそうです。どんだけでかかったのでしょうか。才能は生まれながらにして決まっているとはよく言ったもので、ワタシもまた生まれながらのデカ頭・顔デカだったというわけです。

と、いくらなんでも生まれたときデカくてもその後の成長により体とのバランスが取れてくるものではないのか!?

と思われそうなものですね。

【スポンサード リンク】


でもこれがまったくそんなことはなく、 その後すくすくと育っていったワタシの体(もっとも小学4年生の時に低身長症で検診に引っかかり以後月イチ病院でよく分からない薬もいっぱい投与されました)、でかくなった分、頭もその比率ででかくなっていったようです。  挙句の果てに顔は平たいしエラ張っているし、手足は短いし、クビ短いし本当ヤレヤレなわけです。

顔がでかい、

頭がでかい。

これは人それぞれといえでも一ついえるのは、 だいたい頭がデカい人は概して顔もデカいものです。

だって頭がでかいということは顔を含む頭部がでかいということですからね。

太っていたり、顔がむくんだりたるんだりして大顔なのはなんか小顔努力が実りそうで励めそうなのですが、

がデカい!というのはそういうわけにもいかない感じがします。

だって頭蓋骨なんてそんな、 ・・・小さくなるわけないだろ、中に脳みそも詰まっているし。。 という。

しかし!

それも今となっては昔の話、 現在は「頭蓋骨は動き、頭を小さくすることができる!」という風潮にもなっているようです。

では、そのソースを私の愛読書「小顔のしくみ」より抜粋します。

頭がい骨を構成する骨と骨は、ほとんど隙間のない形で接合されています。しかしピッタリとくっついているわけではありません。 だから動くのです。

(中略)

頭がい骨を動かすのはそれぞれの骨の周辺にある筋肉です。 全身の体の骨や筋肉が立体的に発達していて、本来の動きをしていれば、頭がち骨も立体的な形に保たれます。頭の後頭部も形よく出てきます。

!衝撃的です。

体をきちんとしたバランスに整えることにより筋肉がうまく頭の骨の形を整えてくれるそうですね。 さらにその連鎖として顔の筋肉や骨格も細く仕立てあげてくれるそうです。

詳細はぜひ「小顔のしくみ アゴを引けば顔は小さくなる! (青春新書プレイブックス)」をどうぞ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小顔のしくみ [ 南雅子 ]
価格:1028円(税込、送料無料) (2017/3/12時点)





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする