顔が大きく見える鏡


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



さてBIGFACE諸君にとってはその顔の大きさが一ミリでも大きく見えることがすなわち

「今日一日の機嫌ひいては運命」

を左右するほど大きなイベントでありましょう。

【スポンサード リンク】


そう、顔が大きく見える?ってなんぞやですが、

基本的に顔といっても一日ででかくなるなどという現象はまずケガなどで大きく腫れてしまう、などがなければ早々ない感じではありますが、

実はそうでもありません。

人間はその日その日のコンディションによって顔の印象は変わり、

当然顔のデカさも変わるものです。

そう、顔のデカさで一日単位で動くものは、これ、

むくみ、

です。

前日飲み過ぎた、疲れやストレスがたまっている、睡眠不足、といった状況下においては特に注意。

顔の脂肪がみるみる水分を抱え込んで腫れぼったくなり、結果顔がデカくなってしまい、

を目の前にしたとき、

改めて自覚する!という。。

と、今回ネタにしたいのはそう、鏡です。

当ブログにも実は、

鏡とBIGFACEにまつわる悩みを抱えた方の訪問がいらっしゃることが少なくないのですが、実はそう、 鏡ってどこにいっても同じように見えながら実は違うものです。

そう、ざっくり言うと

スタイルがよく見える鏡とそうでない鏡があるのです。

前者の例でいいますと、そうですね、 縦長に見える鏡(鏡の面が縦向きに反り返っている鏡)です。 つまりは縦長に見え、結果横面が細くなるため顔も細くなりその結果スタイルがよく見えて顔がデカく見えないのです。

一方後者の「スタイルがよく見えない鏡」の例ですが、

これは、前者の逆で横長に見えてしまう鏡なんですね。

横向きに長く、 そう私の例でいうとホームベース顔がさらに膨らみ、より横長の長方形に近づくという勢いになるということです。

そして、

意外に油断ならないのがこの横長に見えてしまう鏡が意外に多いのです。

そうこれは恐らく重力も関係するのです。

どうしても縦方向に重力は働くため鏡は時間とともに下方向に曲がっていくのではないのかと思うのです、、つまり!! 縦むきに曲がるということは横長に見えるということです。

縦長に見せるためには、U字が内向き(両端が全面に出て中側が凹む)にならなくてはなりません。

しかし、この形状はよほど意識して職人が施工しない限り難しいのではないでしょうか。

つまり重力の法則により鏡が実際よりも顔を大きく映し出している可能性は高く、 実際よりも顔が横に張り出しているように見える可能性が高いのです。

ということでBIGFACEの方で鏡にまつわる悩みをお抱えの方、

鏡への映り具合だけでいちいち凹んでいてはいけません。 あれは自分を映し出すツールのうちの一つです。 つまりそこに映っているアナタが全てではありません。

顔がでかく見える鏡は確かに存在します。

そんなときは思い切って見切りをつけましょう、 そんな鏡はもう二度と見ないようにすることです!!





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント