秋冬の小顔になれるファッション[ワンピース、ニット、Vネック]


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは。BIGFACE管理人でございます。 顔というか頭部がデカいので何を着てもサマになりません。 奇形野郎です。

と、そういって諦めてしまえばコトは簡単です。 でもしかーし!ファッションは奥深く、その人の個性を魅力に変えるチョイスというのは確実に存在するものです。

そういえば、若い頃身長168㎝のワタシよりチビで顔の決して小さくはないチンチクリンな野郎が知り合いにいましたが、コイツはオシャレマンであったため周囲の評価は「イケてるヤツ」で、付き合っている仲間もリア充なイケイケ集団の一味でありました。

【スポンサード リンク】


つまりは、オシャレに対する探究心が大事なのです。

いずれにしてもファッションは避けて通れない事柄ですので、この機会にお勉強あれ。

小顔に見せるための服装や小物の使い方などの基本的な事柄が書いてあるサイトをご紹介します。
女子は必読です。男子は応用を利かせましょう。

引用元: 間違った小顔効果メイクに注意!秋からは絶対に小顔を手にいれる方法 | キャリア | マイナビニュース.

▼▼

襟ぐりの広めなワンピースやニットは小顔効果が期待できますし、深めのVネックはシャープに見えてさらにおすすめです。アゴから首筋、鎖骨までのラインが美しくでる服ならば、ダークカラーでも顔だけ膨張して見えることはありません。

そこに大ぶりで長めのネックレスをすると小顔効果も高まります。ピアスやイアリングも少し垂れて揺れるタイプを選びましょう。間延びせずに上下に相手の視線を引っ張るコーディネートを意識してください。

小物で小顔

小顔に見せるにはバッグも大事なアイテムです。手で持つタイプならば小さめのバッグにしましょう。できれば肩掛けタイプがベストです。肩掛けならば大きなカバンでも相手の視線が顔とカバンで分散するので大丈夫です。

ストールを使いたかったら首回りのグルグル巻きよりも、さらっと肩を巻いて胸もとで結ぶ夜会風や、通勤ならば首回りで巻かずにかけるだけの方がすっきりとします。

コツはアゴから鎖骨までをゴテゴテとさせないことです。相手の視線を分散させることが大切です。

カラーで小顔

カラーも小顔効果をつくるキーです。顔周りがダークすぎると逆に白い顔が膨張して見えます。顔周りならば深めのワインレッドやパープルまでが許容範囲でしょう。秋冬らしいダークカラーを着こなしたい時には、差し色にキレイなカラーがおすすめです。

▲▲

主に女性向け記事ですが、男性もこういう基本的なことは勉強しておいて損はありません。
Bigfaceさんにとって、服選びは命に関わる問題です(笑、、泣)

ちょっとの判断ミスで遠近感がおかしくなるような顔の引き立ち方がなされますからね。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする