やっぱり顔デカは遺伝の要素が大きい、しかも大顔の方が遺伝しやすい!?


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



先日、里帰りして久しぶりに母親に会いました。(父親は離婚して遠方にいるためあまり連絡はとっておりません。。)

すると、最近はダイエットに励んでいるとのことでちょっと体が痩せていたこともあってか、 かなり頭と顔のデカさが際立っておりました。

改めて、BIG-FACEの第一人者である私は、

【スポンサード リンク】


「ああ、この母親の子で生まれたんだなぁ」

と再認識しました。

そして私には子どもがおりますが、やはり顔と頭がでかい(同じ3歳児と比べてもデカイ!まぁ背もその分高いのですけどね)わけです。

つくづく、顔のデカさは遺伝であると思いました。

しかも、

私の父親は小顔、母親は大顔、 これで私は大顔です。

私は大顔で、妻は小顔、これで私の子どもは大顔です。

そう、

顔が大きい方が強い、というか強く遺伝的に現れるのです。 恐らく遺伝子的に大顔のDNAは強いんです。 つまり肉親に大きい顔がいると、高確率で大顔の子孫が生まれる可能性が高い、

よって、

根っからの小顔に生まれるためには、

小顔×小顔の遺伝子が必要なのではないかと思うのです。

と、

アホらしいことを真剣に語ってしまいました。

が、結構興味深いと思いませんか?

顔のデカさがもし遺伝するなら、当サイトの存在価値もあるというものです。 だって大きい顔の人はいなくならないということですからね。。

と、

これは裏を返せば、Big-faceの仲間は減らない、ということも意味します。

ぜひ前向きにとらえて生きていきましょう!!





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする