大きい顔を小さくするには痩せるしかない!


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...

他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!


小顔になるにはポイントがあり、
骨格矯正、むくみをとる、たるみをとる などの作用を与えれば顔は小さくなってくれるわけです。

世の中に出回っている小顔アイテムやエクササイズなどは、
だいたいこれらの作用を手助けするものですね。

しかし、
どれをやっても効果がなかなか目に見えて現れない、
というのが現実です。

目に見えて現れるまで続かない、
ということもあるでしょう。

なぜならば、どれもこれもかなり努力を伴うからであります。

エステにいくにしても、エクササイズにしても、小顔アイテムにしても、どれもこれも死ぬまでやり続けなければならないことであり、とても苦痛です。 だって退屈ですからね。。

いくら簡単お手入れといって毎日顔をローラーで転がすだけといっても
これが死ぬまで続くことを考えるととてもとても。

ということで、ワタシがおすすめするのは、
「好きなスポーツを見つけて運動習慣をつける!」
ということです。

ワタシも小顔法をいろいろ試しましたが、
一番効くのはやはり「痩せる」ということです。

【スポンサード リンク】


人間、太っても小顔の人はいますが、
それでもやはり痩せるともっと小顔になれます。
当り前のことなのですが。。

しかし、
この当り前のことである「痩せる」ということがいかに重要であるかはなかなか身にしみて分かりません。
どうしても上辺だけの小顔法に走ってしまうからです。

これでは対処療法であって根本治療にはならないわけです。

顔デカの一番の原因はやっぱり、
顔の骨の周りについている成分なのです。

これをそぐのに一番効果的なのは運動!

ワタシは、フットサルを始めて3ヶ月、周りから
「顔が小さくなった!」
といわれました。

もちろん、
それでも全体的にBIGFACEであることには変わりありません。
相変わらずこの梅雨時にマッチしそうな「テルテルボウズ感(顔デカ感)」はありありです。

でも頬がちょっとこけるだけで、
かなり印象が変わったらしいです。

ぜひ、
汗の流れる、それでいて自分が夢中になれるスポーツをすることをおすすめします。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする