お顔太りのタイプと対策


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



●脂肪太りの大きな顔
体の肥満と連動して顔にも肉が付いてしまうパターン。
一番分かりやすいパターンですね。

ただこの場合は顔が大きいというよりも肥満イメージの方が強くなるでしょうね。

では対策。
・運動する。
これは分かりやすいですね。

【スポンサード リンク】


・血流効果・脂肪燃焼成分を含むものを食べる。
例えば、「ショウガ、ニンニク、黒コショウ、唐辛子などの薬味系」果物ならグレープフルーツ

●むくんだ大きな顔
血液やリンパ液の循環が悪くなって、水分の排泄が滞りがちとなる状態。

これは以前の記事でも触れましたが顔が大きくなる3要素(脂肪・たるみ・むくみ)のひとつということです。
むくんだ顔はさらにBigFaceに拍車をかけるので注意です。簡単なマッサージでなおるのでケアしましょう。

そのやり方は、

・利尿作用のあるカリウムの摂取(バナナ、アボカド、キュウリなど)
・新陳代謝をアップさせる食物繊維の摂取(きのこ類、海草類など)
・腎臓を強化する食品を摂る(豆類、黒ゴマなど)。
・疲れや冷えに気をつける(足浴、蒸しタオルで首を温める)。
・よく寝る。
・毎朝のフェイスマッサージの励行

全部やると面倒くさいのと実行するのが習慣的に難しいのもあるので、・・・というかコレ全部できたら超健康優良コースまっしぐらな感じになってしまうので、
とりあえずはフェイスマッサージは欠かさない、というところでしょうか。
記事の最後で紹介します。

●筋肉がついた大きな顔
歯ぎしりや食いしばりの癖で顔筋が固くなり、フェイスラインが大きくなる。これは無意識にやる人いますね、歯ぎしりは置いておいて、食いしばりは癖でやっている人がいます。 注意ですよ。

その対策は、

・ストレスを溜めないように。ストレス溜まると歯ぎしり・食いしばりやりがちです。
・筋肉を柔らかくする酢や、活性酸素を抑えるビタミンEを多く含むナッツ類の摂取。
・顔全体の筋肉をほぐす。

やり方は記事の最後でご紹介します。

●ゆるんだ大きな顔
喜怒哀楽の表情に乏しい生活をしていると、表情筋が衰え、頬やアゴのたるみを引き起こす。
これは分かり安いですよね。 お笑い芸人とかよく笑う人はやはり顔も引き締まっていると思います。表情筋をよく使うからですね。
ちなみに無愛想な人は年とるごとにどんどん顔がぼやけてきます。そんな人よく見かけます。

その対策は、

・よく笑い、よく喋って表情筋を使いまくる。
・ビタミンC、ビタミンA(レバー、うなぎなど)などの摂取する。
・ホウレイ線対策には、柔軟組織・弾力性組織の元となるコラーゲン(鳥皮、豚骨スープ、ゼリーなど)を摂る。

●骨格のゆがみが原因で顔が大きくなる
これは以前の記事で紹介したとおりですね。
上記内容はPanasonicさんのサイトを参考にさせて頂きました。
表情筋マッサージ、小顔マッサージ、はたまた小顔メイクなども掲載されており、大きい顔のオーナーさんにはよいサイトです。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする