顔がデカくていじめられる?


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



顔デカ歴も年齢イコール30半ば、BIGFACE管理人です。  顔がデカすぎて被り物をしているような感じです。なんというか首もデカいのでもう絶対これなんか被っているよ、と。

ロックバンドのMAN WITH A MISSIONってご存知でしょうか、オオカミの被り物をした歌手たちですね。

マンウィズザミッション画像サイト:http://natalie.mu/music/gallery/show/news_id/85113/image_id/164185

【スポンサード リンク】


動画↓

顔、デカいですよね?

まぁこのバンドはカッコイイとして、これを人間の顔として再現した感じがワタシであります。 もうなんというか首から頭が全部大きい。 もうコレです。

というわけで、そんな奇形に生まれたワタシですが当然、これまでの道のりは平坦なものでは、ありませんでした。 小学3年くらいのときには既に周囲からアタマがでかいとネタにされまくり、それから中学校、高校とすすんで、新天地にいく度にふと「顔デケーな!」とあざ笑われ、ことあるごとにネタにされたものです。

なんか数あるコンプレックスの中でもホント、この顔デカというのは自身でも自虐ネタにできない、といいますか深刻ですよね。 目が細い、とかたらこ唇、とかならまだ自分で口に出してネタにできても顔が大きいということはなかなか自分からネタにできない、恥ずかしさがあります。 まぁ厳密には人間って外見のコンプレックスはかなり深く重いものなのですがね。

と、いうわけで今回も顔が大きいことに関するお悩みを紹介したいと思います。 現在大学生だそうですが、もう手に取るように共感できます。 ワタシの人生そのものであるかのようです。

僕は大学生です。昔は明るくて活発な子供だったんですが、中、高、大とどこにいっても容姿を馬鹿にしてくる人間がいて、人の嫌なとこばかり見て、つくづく疲れてしまいました。
今ではほとんど家に引きこもってます。もうすぐ就活をしなければならず、髪を切ってこのでかい顔をさらすとなると死にたくなります。実際真剣に自殺を考えたことがあります。
管理人さんは自分を馬鹿にした人間のことを覚えていると書いてらっしゃいましたが、とても共感できます。私も昨日のことのように思い出せます。あの悪意に満ちた、こちらが傷ついた様子を心底楽しそうに鑑賞するかのような下卑た表情。毎日思い出して、怒りと悔しさと悲しみで頭がおかしくなりそうです。
一番の問題は、自分で自分の顔を愛せなくなったことです。他人にどんなに馬鹿にされても、自分の顔が好きでいられれば、幸せになれるんじゃないかと思います。今の僕は、自分の顔が心底嫌いで、この顔で一生生きるくらいなら死んだほうがましなのではないかと思います。
しかし両親を悲しませたくない、でもこの顔で生きてゆく覚悟が決められないんです。

うん、よおおく分かりますよ。 「お前顔がデカいな!」と言う方はもう何の遠慮もなく、しかも公然とかましてきますからね。 しかも悪びれる様子もなくひたすらに上からバカにしきった態度で言ってきます。 ワタシもこれを書いていて、また思い出して忘れていた殺意すら蘇ってくるくらいです。

でも大丈夫ですよ、やっぱりそういう人の気持ちを読めずに平気で悪態ついてくるヤツは世の中で成功しません。 ワタシが知っているうちのほとんどはやっぱり大人になってもロクな生活を送っていません。 そういった意味ではうまく世の中できています。

でも肝心なのは、顔が大きいことでイジメられたあとに残った傷なんですよね。

いつまでも深く残ってケロイドのように消えることのない痕と癒えない痛みが人格全体のコンプレックスとなって現れる。 これが人生を揺るがすくらいになるのが大変なのです。

でもです!

それでもやっぱり結局生きていくしかないわけですし、また人生は顔が大きいくらいは他のことでリカバリできるんです、本当に。

確かに、いくら周囲が出来た人間の集まりで、人の外見を罵らず尊重するようなコミュニティでも、BIGFACEのわれわれからすると、「心のどこかできっとこの人達も顔の大きい自分のことをバカにしているに違いない」と疑心暗鬼になってしまうこともあります。

けれども人間っていうのは少なからずコンプレックスを持っていきているものなのです。

人をバカにすればそれが後から何らかのカタチで自分に跳ね返ってくる、そういうことも大人になるにつれ気づいてくるものでもあります。

また、ふと自分の行動を振り返ったとき、われわれもまた人のコンプレックスを刺激するような行動をとっていたかもしれない、つまり、外見コンプレックスを周囲と一緒になってネタに仕立てあげたことがあったかもしれません。 そういった意味では、知らず知らずのうちに何か人を傷つけてしまったことが誰しもあるのかもしれない。

インターネットのお悩み掲示板とか見ていると、ホント、いろんな外見の持ち主がいてそれぞれ命を懸けて悩んでいる人がたくさんいるんですよね。 つまりみんな悩みまくっているのです。

と、ここまでとりとめもなく綴ってしまいましたが、容姿についてバカにされるのはせいぜい学生の間、社会人になってもせいぜい25歳程度までです。 働きだすともういちいち容姿とかバカにするほどみんなヒマではなくなるし、何より若い頃よりも人の容姿に興味がなくなるので、そういう話題も少なくなるのです。 もちろん一部の幼稚な知性を持った下らない人種はどんな組織にもいてそういった人達はある程度、コンプレックスを刺激してくるかもしれませんが、それも放っておいてOK, いずれ周囲に疎まれ、自滅してくれます。

だから、今学生ならあと少しだけ勇気を出して生活してみましょう。 自分の顔を愛せるほど整った顔立ちの人は万に一人いるかどうか、だいたいブサイクな顔しています、大丈夫。



★この記事の感想をお願いします。
  • デカいいね (1)
  • ふつう (0)
  • ムカつく (0)
【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする