年を取ると鼻の下が長くなる(伸びる)、鼻の下を短くする方法


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは!最近仕事でいろいろと悩んでおりましてストレスを抱えているNIGFACE管理人です。 やっぱり顔がデカいと仕事で悩むんですよねぇーー、とはいうのは嘘で、ワタシは若い頃に本能の赴くままに生きて来たしっぺ返しが今になって表れてきており苦労しているのです。 若い皆さんはこんな後悔ないよう、しっかり大人の言うことを聞いて真面目に生きていきましょう、特別な才能がない限りまず大人のツマラナイ説教の通り生きていた方が後々ラクです。 大人の意見なんてツマンネー、と吐き捨てて才能もないのに尖がって生きていてもまず上手くいきません。 必ず後悔します。

そして、思うようにいかなくなったとき、アナタはストレスを抱え、クウウウウウウウウゥゥウウッゥゥっとなるのです。

それから気が付けば奥歯を食いしばっているのです。

【スポンサード リンク】


この食いしばり現象は、小顔化計画にとってとても粗悪な排除すべきクセであることはいうまでもありません。 食いしばることでエラの筋肉が無駄に張り顔が大きくなるからなんですね。

そしてワタシはここのところ悩みだらけで自分で奥歯を食いしばっているのを自覚するくらいの頻度と強度でググッとやっちまってるわけなんですよ、加齢もあいまって最近一段と顔デカです。

はいさてそれはさておき、

加齢とともに顔がでかくなっていくことは既に実証済み(当ブログこちらの記事もどうぞ⇒年取ると顔がでかくなるのはなぜ? それは頬骨とエラの張りにあり。)ですが、 結局はそれって食いしばりなんかもかなり影響してくるということですよ、つまり筋肉が張ってしまっているということです。

と、こういうのは当り前として最近気になる記事を見つけてしまいました。

どうやら顔の外郭だけでなく、顔の中の配置も変わってくるみたいなのですね。

つまり加齢とともにダラーーンと顔が間延びしてくる、具体的には鼻の下が長くなるそうです。

げーー!

そういえばうちのジイちゃんもバアちゃんも鼻の下が長いぞ!

そして、このジイチャンばあちゃんの昔の写真と比べてみるとやっぱり顔がでかくなっている。

やっぱり顔の輪郭だけでなく、顔の配置が変わるのも顔デカに影響してくるということなのです。

鼻の下が長くなると全体的に面長になるから顔の幅が狭まって見えそう、、 ・・・なんてことはないのですよね、やっぱり間延びした顔というのは引き締まり感がなくてやっぱり小顔には見えないのです。 欧米人を見るとそうですがやっぱりキュッとパーツが締まっている感じでしょう、アレです。

鼻の下が長くなとどうしても平面に近くなり立体感がなくなる、その結果顔が大きく見えてしまうという感じですね。

でもデメリットだけではなく、鼻の下が長くなると、人の印象としては柔らかい感じに見えます。 ある研究で顔の横幅が顔の縦(眉から唇までの長さ)に比べ相対的に広いほど怖く見えてしまうという臨床結果がありますが(詳しくは、フェイシャルウィルストゥハイドレーションとはの記事を参照)、 つまりは鼻の下が伸びることで優しい顔立ちになれるということです。 年をとると性格も丸くなる、といいますがこういう見た目の印象も影響してくるということでありましょう。

また鼻の下が長い、というのは占い的にもいいことだらけ。 財運とか長寿の相なのです。

めでたし、めでたし。

と、いうことに落ち着けたいですがやっぱり若い時はイヤですよね鼻の下が長い、長くなってしまうというのは。

そんなあなたのために鼻の下を短くする方法、、とまではいかないまでも今以上長くしないための方法を伝授しましょう。 このケアを怠らない限り、長い目で見れば周囲の人の鼻の下が加齢とともに長くなってくる間、あなたは現状キープ、結果短くなったようなものです。

下記サイトをご覧あれ。

「顔…長くなった?」それって加齢で鼻の下が伸びる老化現象かも|美レンジャー
■鼻の下の伸びを阻止する方法

(1)鼻の下を鍛える

まず、口を閉じて唇の両端を指で外側に引っ張ります。その状態で、アヒル口をするように唇を突き出し、血行が良くなったと感じるまでキープしましょう。他にも、口角を上げて、歯を見せて笑うだけでも、鼻の下を鍛えることができます。

(2)唇のマッサージをする

唇にリップクリームを塗って保湿をしたら、指で螺旋を描くようにクルクルとマッサージをしましょう。そうすることで、唇のふっくら感がよみがえり、鼻の下の伸びを阻止することができます。

(3)鼻呼吸をする

口呼吸は、口輪筋をはじめとする口の周りを支える筋肉を衰えさせる原因になります。普段から、鼻呼吸をするように意識しましょう。

また、メイクをする時には、上唇のリップラインをほんの少しオーバー気味に引いて、山になっている部分の上にハイライトを入れてみてください。気になる鼻の下の長さをカバーすることができますよ。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする