顔が大きいのは脂肪、むくみ、たるみの3点セットが原因


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは。BIGFACE管理人でございます。 デカいツラ下げて今日も堂々と生きていますよ、と。

さて顔がデカい大きいと悩む前にまずはその原因とはなんぞや、というところですが、考えたことがあるでしょうか?

まぁだいたいが、

【スポンサード リンク】


「骨格」 ハイ、終了。

としたくなるでしょうけども、そんなものではないのです。

とは言ってもワタシの場合は痩せている時から、いや厳密には小学校入ったときからすでに周囲に顔がデカい、というか頭部がデカいと笑いモノにされていたので、BIGFACEの素質を持っていたわけですがね。  頬骨とか触ってもいきなりゴツッと骨にあたるし、エラにもそれほど肉がついてないし、仮にガイコツになったとしても、そのまま顔デカいやんと、なっていたであろう骨格の持ち主なのであります。

でもアレらしいですよ。

普通は、顔がデカいっていうのは、骨格というよりもそれを包んでいる肉の部分に大きな顔デカ因子が眠っているそうです。

極端な話、

ワタシの嫁は顔の骨格が小さいのですが、デカい顔をしています。 それはなぜか。デブになって顔周りに肉マフラーがついているからでございます。

つまり、

骨についている筋肉そして贅肉こそが顔デカの正体なのであります。

そして、現代人というのはストレスを抱えがちなので、この顔周りの肉にトラブルを抱えやすいそうですね。 例えば、糖分や塩分の多い食事を摂り続けていたり、水を一日1リットルも飲まないような生活を続けていると体内の水分の流れが鈍くなり、結果として水が体にたまりやすい体質となり、顔がむくんでデカくなるといったことがあるみたいですしね。

そんなこんなで色んな要素が組み合わさって今のデカ顔が形成されているというわけです。

顔に肉がボニョッとついている場合の“顔を大きくしている原因”は大きく3つ。

「脂肪」「むくみ」「たるみ」なのです。

つまりこれは顔の肉が引き起こすものです。

ということで解決策は、極限にまで痩せてください。ハイ終了。

というわけにはいきませんね。ただ痩せればいいってわけでもなく、やっぱり小顔への道のり、これは突き詰めると整った生活が基盤になります。

規則正しい生活をしてこそ体が整ってきてそのついでに顔もキリッと締まってくるものであるというのは異論のないことでしょう。

この辺りの方法論については今後も触れていきますので、またの機会に。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする