大きい顔は錯覚を利用すべし


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



街を歩いていてガラス板に反射する自分を見て、
「顔がでかい」と嘆くことありますよね?私だけ?
ガラスが微妙に曲がっているのか、縦長に映るガラス板は嬉しいですね。
シュッとして見え、大きい顔も気にならなくなります。

さて今回のテーマは錯覚です。
錯覚。

この考え方は必ず持っておくべきですね。
人の目は不確かです。
どんなに正常で、視力がよくても常に錯覚現象は起きています。
以下をご覧下さい。
錯覚
いかがでしょうか?
有名な錯覚現象です。
左右の縦線は同じ長さなのに、左の図の縦線の方が長く見えますね。

【スポンサード リンク】


これを利用しない手はありません。
というか物理的に縮めるよりも錯覚スキルさえ身に付けていれば一瞬
で小顔になれるというわけです。
魔法です。

では顔に置き換えてやってみましょう。
錯覚2
はいよく分かりませんね。
左の図なんか“ヒゲをもっさり”生やさないとムリですしね。

これでは女性はおろか、男性でもこんなにヒゲれないでしょう。
でもやはり顔の導線を縦のラインにする方がスマートに見える、

といいますか、爽やかな印象 + 小顔に見える感じはあります。

顔のラインを縦に。

これは小顔の効果促進に大事でしょう。

よく考えると欧米人さんは皆タテのイメージですよね。
鼻を基点としてアゴを結ぶラインのイメージです。
まぁこれをやるには整形する方法がいいのかもしれませんが、
まだまだ工夫してみましょう。
化粧でちょっとラインを自然に作るように工夫してみましょう。
ポイントは影の感じでしょう。
まぁ簡単ではありませんが、

大きい顔を小さく見せるステップとしての小技として覚えておくべきしょう。
小顔デザイナー?的な考え方を提唱します。

まずはアリモノの顔をそのままに。頑張れ!努力は実る!
とは言ってもやりすぎはダメです。
非常に参考になるサイトを見つけたのでどうぞ。
このタテのラインで小顔に見せる効果を「ウルトラマン現象」と称した
まさにためになる情報です。
■小顔工房





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする