小顔になるためにはよく噛むこと


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは、がっつりデカ顔今日もやっています管理人です。

昨日は飲みすぎて体調もすぐれず、ここ最近は間食なんかもよくやりましたので、ちょっと顔がボテッとしてきております。

まぁ、そうでなくてもデカい顔しているのですけどね。

【スポンサード リンク】


そして先日の飲み会ではたくさんの小顔たちに囲まれ肩身の狭い思いをした次第で、ついつい飲みすぎてしまいました。

さてさてそんなこんなで今回ご紹介する小顔トピックは、

小顔になるためには、よく噛むこと

ということです。

私なんかは幼少期よく噛みすぎたのか遺伝なのか知りませんが、

もうエラ筋がガッツリ発達しておりましてこれもデカい顔の一要素になっているものかと思いますが、 実はこのエラ筋はどうやらただの遺伝であり、実はよくモノを噛むこと、これ自体は小顔生活にとっても必要なことだそうです。

しかも、前歯でちょいちょいと噛むのではなく、

左右の奥歯をしっかり使って30回程度噛んで飲み込む、 これが健康的にいいことはもちろんのこと、小顔化にも大事なことだそうです。

だから、顔がこれ以上デカくならないように噛む回数や力を押さえることは結局のところNGというわけですね。

さらに大事なポイントとしては、首を伸ばし、アゴを引く、 つまりキレイな姿勢で食事することが小顔にとって必要なことだそうですね。

しっかりと噛むことで顔の筋肉の硬化を防ぎ、セルライドなどの余分な脂肪をよせつけない体質になれるようです。

詳しくは、当サイトからもよく買われている「小顔のしくみ アゴを引けば小顔になる」に書かれていますので、ご興味ある方はどうぞ。

まずはキレイな生活習慣から小顔への道は始まるのであります。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする