顔を小さくするための食材アレコレ(たるみ予防)


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちわ。 今日も元気に顔がでかい管理人です。 年を重ねるごとに人間性も大きく、そして顔もでかくなっていっております。 近頃では噛みしめ癖もひどくなり、エラ筋もバッチリ発達し、ただでさえエラ張りのホームベース顔なのにさらに鍛えられデカくなっていっております。 もう休日は野球のバッターボックスでホームベースになるアルバイトができそうなくらいであります。

だいたいエラ張り顔というのは、同時に頬骨も横に張り出しているもので、全体的に顔が横に引き伸ばされている状態です。 現代の液晶TVみたいなものですね。横にグゥーーッと広い。 そしてそれにつられて目も横に長くなる、いわゆる一重で細い目になるという、典型的なアジア人が完成するというわけです、ああ悲しや。

そもそも平面顔はのっぺりしていて顔がでかいだけでなくデカく見えるものなのですね。 だから仮に骨格が小顔でも顔がのっぺりしていたら顔は大きく見えるのであります。

【スポンサード リンク】


まぁそれだけならまだしも、私の場合は頭もでかいですから困ったものなのですよね。 後ろから見るともうヘルメット被っている感じです。 首も短いものですし。

ということですが、 これ以上顔をデカくしないためにはもう顔の肉を増やさないことしか対処のしようがないのですね、私の場合は。

その中でも、 一番怖いのは「たるみ」です。

運動自体はワタシの場合、習慣的に実施しているので肥満(脂肪)による顔デカ対策は大丈夫なのですが、「たるみ」対策というのは全然できていないんですね。

こればかりは簡単ではないのです。

なぜなら人間は加齢とともに重力に負けて顔の肉が下に引き下がってくるものだからですね。

こうやって人間は年をとると顔がでかくなるというわけなんです。 芸能人とかでもよく昔の写真がTVで取り上げられたりしますが、やはり昔の写真は顔がキュッと引き締まっていて小顔ですよね。  しかし、どんな小顔の人でも年とともにデカくなる、これは「たるみ」が影響しているわけでもあるのです。

というわけで、 その顔デカの天敵たるみ を防止するためにすることですが、

今回は食材面から見てみましょう。

エクササイズとかメンドクサイナーという方は食事療法しかありません。

以下サイトで取り上げられておりましたのでどうぞ。

結構我慢しなくても食べられるものばかりですよね? そう考えると普通に好き嫌いない人には楽勝で取り組める小顔食材であります。

サイト:まるで別人!食べるだけで「キリッと小顔」になる魔法食べ物7つ|楽天ウーマン

●青魚(DHA、EPAなどの良質な脂質)
ガザガザ砂漠肌の救世主!良質な脂質は肌に潤いを与えてくれます。

●アーモンド(ビタミンE、オレイン酸など)
ビタミンEが若返りビタミンとも呼ばれるほどアンチエイジングに寄与してくれる栄養素。若々しい美肌維持に必要不可欠です!

●ヨーグルト(カルシウム、乳酸菌、乳たんぱく質など)
腸内環境状態と肌状態はイコール。乳酸菌効果で美腸をつくることは美肌づくりの第一歩です。

●ブロッコリー(ビタミンC、スルフォラファンなど)
ビタミンCはそれ自体にも美をサポートする力がありますが、コラーゲンの生成など他の美容成分のサポートも強力に行ってくれる優秀ビタミン。

●かぼちゃ(ビタミンA、ビタミンEなど)
ビタミンAが皮膚や粘膜を保護してくれ、ビタミンEは過酸化脂質を無害化してくれるので、ダブルで美肌づくりを強化してくれます!

●たまご(アミノ酸、ビタミンB群)
卵はアミノ酸バランスが非常に優秀な食品。さらに代謝促進に欠かせないビタミンB群が豊富なので、肌の生まれかわりをサポートして年齢不詳の美肌に!

●豆腐、納豆などの大豆製品(良質なたんぱく質など)
たんぱく質は美肌づくりにおいてもっとも重要な材料のひとつ。美肌、美髪、美爪、美ボディのために、たんぱく質は欠かさないようにしましょう。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする