撮影時に小顔に映るポイント


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは、フェイスタオルじゃ足りないんじゃないかと思えるくらいの顔デカで、バスタオルで顔を拭いたほうがよい、BIGFACE管理人です。

さて、写真を撮る時、

私クラスになりますともはや引こうが出ようが遠近感を狂わすトリックアートのような世界で、どちらにしてもそう変わらないというのがありますが、

【スポンサード リンク】


みなさんクラスだったら、なんとか工夫次第でいくらでも小さく見せることができると思います。

そういうわけで今回は、小顔に写真にうつるためのテクです。

ただ、男の場合はピースした手を頬に充てるのはなんかきもいので、工夫したほうがよさそうです。まぁ言わずもがなですが。。顎を引く、というのはもう当たり前のポイントですね。これは絶対やったほうがいいです。 首の下に肉がある方は二重アゴ率が高くなるので要注意です。

紹介サイト:小顔に写るためのポイント | 美容室/写真館/ヘアメイクスタジオMIMURO(ミムロ)/さいたま/浦和

まずポイントは、顎をしっかりとひくこと。
そうすることで、顎がシャープに見え小顔効果が期待できます。
また、食事の席などであれば顔の近くにグラスを寄せるなど、顔の横に大きなものを持ってくるのも錯覚効果があります。

両手で作ったピースサインを両頬にあてることも、この効果を期待したものです。
また、横に並ぶお友達から一歩引くことも相対的に小顔に見せることができる方法です。
あからさまにやり過ぎるとお友達から不審に思われますので、あくまで適度にお願いしますね。

また髪型を工夫するとことでも小顔に見せることができます。
まとめ髪の時は、トップの毛を上に引き出してみる、またサイドの髪の毛を輪郭を隠すように少し残してあげることもポイントです。
一番の方法は、あなたらしく、素敵な笑顔を見せること。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする