エラ張り顔メイク(眉の作り方など)


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



こんにちは,Bigface管理人です。 先日、ふと風呂場の鏡に目をやると、なんか卓球台があると思ったらワタシの顔でした。

顔がデカい 卓球台のように

どーんと迫力があって平たく、頭部が前にしゃしゃり出て主張している、よくこんな顔で毎日を過ごしているなと思うとワタシはとてつもなく偉人なのではないかと思います。

【スポンサード リンク】


はい、でそんなワタシの輪郭は卓球台、と表現しましたがそれは最近の中年太りによってエラの両側の肉が垂れ下がってきたがためにより真四角に近づいてきただけで、実のところの骨格はホームベース顔です。 エラが張っている顔なんですね。 そういえば、このホームベース顔のことを間違えてベースボール顔と表現しているサイトがありますが、それだと全く形が変わる(ド丸顔)ので注意です(笑)

で、このエラ張り顔は本当厄介で、とにかく顔の余白を目立たせますよね。なぜそこにスペースがあるのかと、鏡を見ていたら苛立ちすら覚えます。 うまいサッカー選手ならその空いたスペースに余裕で走りこんで決定的なチャンスを作り出されてしまうぐらいの広さです。

だから、この部分を消したい。マジックでもなんでもいいから消したい。なかったことにしたい。

ということで、ここはひとつメイクです。

美は造形学。小顔に応用するために、どうすればそもそも人の目をごまかせるのかを学んでそれをメイクにいかしましょう。

エラ張りさん用のメイクを解説してあるサイトを見つけました。どうぞ。 男性の方も眉毛の書き方は参考になると思います。

▽▽▽

紹介サイト:尖ったエラなんとかして!プロが教えるコンプレックス解消メイク

■眉尻の長さで理想の骨格「逆三角形」にチェンジ

福岡 ヘアメイク メイク 習い事 メイクレッスン メイクアップイマジン

エラが張っているとどうしてもお顔のバランスが下に広がりがちに。まずは、比重を上に持っていくことで理想の骨格「逆三角形」に見せることが大切です。

ポイントは“眉毛”。まずはこの冬流行の“への字”型でなだらかに眉山をとったら、きっちりと眉尻を小鼻の延長線上まで描ききりましょう。

そうすることで、お顔の大きさの比重が上に移り、アゴ先までのシャープなラインが強調され理想的な骨格に近づけます。

■チークは正面高めに丸みをだす

福岡 ヘアメイク メイク 習い事 メイクレッスン メイクアップイマジン

お顔を細く見せたいから……と斜めに切れこみを強調させるチークの入れ方をしていませんか? シャープな印象を与えてしまうと、余計にアゴ先にかけての“くの字”型のエラを目立たせてしまいます。

正解は、正面のチークボーンにふんわり丸く入れること。その時に下まぶたにかかる位に少し高めに入れてあげましょう。そうすることで、よりお顔の比重を上に持たせることが出来ます。

■シェーディングシャドーはもみあげの奥&アゴの裏に入れる

福岡 ヘアメイク メイク 習い事 メイクレッスン メイクアップイマジン

エラを削りたいからといって、下頬全体にシェーディングシャドーを入れてしまうと、余計に“カバーしています”感が丸出しになってしまいます。

その時のポイントは、フェイスラインの更に“奥 ”に影を入れて奥行きを出すこと。そうすることによって小顔効果が得られます。

まずは、眉山の上辺りからこめかみにかけて、フェイスラインに沿いながら半分頭皮にかかるようにグルグルと円を描くように影を付けていきます。

そして、もみあげの後ろ、耳の前に影を入れたらそのまま今度は耳の後ろ側からアゴの裏にかけてシェーディングシャドーを入れていきましょう。そうすることで、とても自然にアゴの引き締まった奥行きのある小顔に見せることが出来ます。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする