年取ると顔がでかくなるのはなぜ? それは頬骨とエラの張りにあり。


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



今日もアホみたいに顔がでかい私ですが、これは生まれつきです。 もう生まれたときから周囲から

「頭がでかい、大丈夫か」 と言われていたそうです、やれやれ。まぁ小さい頃は〝顔″ではなくて〝あたま” がでかいと表現されるものです。 まぁ実際は頭も顔もでかいんですけどね。

そして年を取った今でも顔はでかい。 年をとると顔がでかいとかはバカにされなくなるものですが、 本日はその顔デカにちなんで一つお話です。

【スポンサード リンク】


TVを見ているとよく芸能人の昔と今の比較がありますよね。

アレって必ずといっていいほど気になることがあります。 特に男性の場合に顕著ですが、

とにかく顔がデカくなっている!

のです。

どんな美形アイドルも過去の顔立ちと比べると横に広がっているのです。

取り立てて体重が増えた(もちろん誰しも中年太り現象はありますから多少は増えるのでしょうけども)わけではなさそうなのに、 顔だけが何かワイドなのです。

これはいわゆる加齢による「たるみ・むくみ・脂肪」 などが挙げられることが真っ当な見解かと思われますがどうやらそれだけでもなさそうです。

もっと掘ってみるとそれなりの理屈で説明できるようです。

下記サイトさんをどうぞ。

まず何故頬骨が出っ張るのでしょうか?

何故エラが張るのでしょうか?

頬骨とエラをつないでいる筋肉 咬筋があります。

頬骨は咬筋が下顎を引っ張り上げるためにあります。

この咬筋が縮んで 頬骨がひっぱられ エラがひっぱられ 出てくるのです。

年をとると概ね頬骨がでてきてエラがはってきます。頬もこけます。

これを筋肉が衰えるからだと言うひとがいますが ありえないことです。

筋力の弱い赤ちゃんは頬骨も出ていないし エラも張っていませんよね。

咬む筋が加齢とともに収縮して硬くなり 縮むのです。

この力と身体の中の空洞 この場合頭ですから口腔を保つ為に骨は円筒になろうとしています。

筋肉が緩めば赤ちゃんのようにまあるいほっぺになります。

引用:さとう式リンパケア|顔面矯正 頬骨が出っ張り エラが張る理由とその対処!





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする