小顔に写るコツ[撮影方法]


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



さて、究極の自分慰め方法ではありますが、覚えておいて損はない、大顔対策用の小顔撮影方法です。

カメラというはいくら技術が進もうが、一瞬の一コマを画像化する技術に過ぎないのです。 つまりいくらでもごまかせるはず。 ここで、きちんとコツを覚えておくかどうかで、多少はコンプレックスに対する影響も減らせられるでしょうから、習得をオススメします。

私は、とりあえず撮影時に、できるだけ顔の大きい人を見つけてサッとポジショニングします。 でも背が小さい私は結局チンチクリンに写るんですけどね。

【スポンサード リンク】


集合写真の場合

大勢で集まった時などはなるべく後ろの方へ移動します。遠近法を利用して小顔に見せます。 写真は中央より端のほうが横広に写る場合が多いので、後ろのなるべく中央寄りがいいと思います。

洋服の色も白っぽい淡い色は膨張して写るので、黒や紺色などの暗い色のほうが引き締め効果があります。

一人で写る場合

一人の時は比較するものがありません。そこで、ピースした手などを顔から少し手前(カメラ側)に離すと、手が大きく見え、代わりに顔が小さく見えます。

カメラを持った人に座ってもらい、下から見上げるように撮ってもらうのも足が長く見え、その分小顔に見えます。

引用元: 写真でなるべく小顔に写るコツ | nanapi [ナナピ].





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする