小顔になりたい人のための靴選びのコツ


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



今日も鏡に映った自分の顔の平たさと絵にかいたようなホームベース具合でタメ息の管理人でございます。  ホームベース状の五角形を紙に描きだすだけで4歳の娘から

「自分の顔描いてるの?」

と指摘されるほどですのでよほどエラエラなんでしょうねww と。

【スポンサード リンク】


さて今回ご紹介するネタは小顔と靴選びの関係性です。

「そもそも靴と顔って関係あるの? 服なら分かるけど。」

とお感じのことでしょう。

そうですね、

服や髪型は確かに顔周辺のイメージづくりに欠かせませんので顔がデカい人がまず気にするべきは確かにソコなのですが、

長期的視野に立ってこれ以上顔を大きくさせない、 また頑張ってもう一回り顔を小さくしたい!という方にとっては、靴選びも重要なのであります。

なぜならば本BLOGでもさんざん触れてきましたが、顔のデカさは体の姿勢やバランスの悪さから来ているものでもあり決して遺伝が全てではないのです。(もっとも私は頭部自体がもう奇形レベルにデカいのでどうしようもありませんし諦めていますが)

そう、例えば猫背の人はそれだけで顔の輪郭が大きく見える(前側に顔が位置するため)だけでなく、やはりその姿勢の悪さから顔の骨格にもゆらぎをもたらしデカ顔化をまねくのです。

つまり姿勢をただすことは長期的に見て小顔化につながるというわけです。

では今回参考にした書籍「小顔のしくみ」より引用です。

靴はかかと部分にしっかりかかとを載せる部分があるものを選びましょう。 つま先にむかって滑るような靴は前傾姿勢になるので避けたいものです。

また、ゆびの裏とかかとが地面と平行になるデザインなら、ヒールでも歩きやすい。

ようは、かかととつま先が平らな靴のほうが、姿勢ひいては小顔にとってよいのです。

【引用】小顔のしくみ アゴを引けば顔は小さくなる! (青春新書プレイブックス)

とのことで、ようはシンプルにペタッと平行なデザインで「かかと」で地面を踏みしめられるタイプの靴がいいということです。

これには前傾姿勢を防ぐためだけでなくもう一つ根拠があるそうで、より正しい歩き方を実践することができるためでもあるそうです。

歩き方のコツとしては、

体重の7割程度かかとに乗せた後ろ重心で残り3割を前足にかけ脚の付け根を前に出すイメージが理想的だそう。

この、「かかと」を使った歩き方がカラダにいいというのは私も以前、武術関係のカラダの使い方を勉強している際にも目にしたことがあります。

ということで、指部分とかかと部分平たい靴底でできた靴でしっかりかかとを使った歩き方をする!

これが結果的に体の姿勢や骨格のバランスをよく保ち、顔も小さく引き締まってくることにつながるということです。

ちなみに上記で紹介した、『小顔のしくみ』 という本ですが、これは整体の観点から小顔美人になるためのエッセンスや小顔術が載ってある大変ためになる書籍です。 1000円程度と安いのでぜひ買って読んで見てください。 内容はまぁ女性向けですが、 小顔になるための考え方としてはメンズも共通ですので参考になると思います。

下記にアフィリエイトしておきます。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする