スポーツや筋トレで顔がデカくなるのか?


【アンケート】あなたは顔が大きいことで悩んでいますか? (集計:2016年11月~)

View Results

Loading ... Loading ...
他の顔でかさんのアンケート結果>>Go!



もう30歳半ばに差し掛かろうとして結婚もして娘がいる私にとって顔がデカいことを悩む必要などイチイチあるのかという疑問はありますが、

それにしても鏡に映る自分の顔のデカさに驚愕極まりありません。

なんというか最近は横にビヨーン! と伸びているというか顔の平べったさや張り出し具合がアップしたように見えます。  多分ワタシの前世はノートの下敷きかなんかだったんだと思います。

【スポンサード リンク】


ところで顔が横に張り出すのは、その原因の一つに、

顔がデカいことが挙げられると思います、、、、、、、、 ではなくて、

日頃の生活習慣のなかで、歯を食いしばることが挙げられるでしょう。

歯を食いしばるというのはすなわちアゴを食いしばること。 これが段々とエラを発達させてくるのです。  そしてエラを発達させるとそれに連ねてエラ筋から頬骨周りにかけて筋肉がついてくるので平べったくなると。

そこで、本日の命題である、「スポーツや筋トレ」で顔がでかくなるということなのですが、

これは一事が万事ではないですが、

やはりグッと力を込めるようなスポーツはやめておいた方が無難でしょう。

ワタシはラグビーをしていたので、特にそう思うのです。

ラグビーなどの強負荷がかかるスポーツはどうしても歯を食いしばります。 ぐぅぅうーーっと噛まないと人間は全身の筋肉をフル活用できないからです。

さらにいうとラグビーは首回りの筋肉を鍛えるので首が太くなり、これまた顔がでかく一因にもなるのです。

そう考えると、

BIGFACEさんがやらない方がいい運動としては、 格闘技系のものでしょう。 ラグビー、アメフト、柔道、レスリング、などなど。 とにかくグゥーーっと力を込めるような運動はダメです。 食いしばってしまいますから。

まぁこれには例外があって、もともと小顔の人は心配しなくてよし、です。

なぜなら小顔の人がいくら首を鍛え、食いしばって、顔が大きく見えるようになっても、そんなレベルは知れているからです。

悲しいことに同じスポーツをしていて、同じような運動量でも顔デカ度はその人次第。  小顔の人はやはり小顔なのです。 これは私の実体験から即してそうです。 同じようにトレーニングしても顔が小さいやつは何だかんだで小さいままです。 ただ、デカいやつはもっとデカくなるのです。 これこそが素質、才能。

まぁしかし、

持って生まれた大顔遺伝子を自らが発見したときは、素直に認めていきましょう。

どうしても、顔がでかくなりたくないなら、時として好きな運動を諦めなくてはならないのかもしれません。  一方で、顔がデカくなりたくないから諦める程度のスポーツならば、もともとそれほど思い入れはなかった、ということで、いずれにせよアナタの選択が間違った答えになることはないので気にしなくてOKです。





【スポンサード リンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする